大学の学校医求人

学校医求人TOP >> 条件別の学校医求人 >> 大学

大学の学校医求人

大学の医務室を一般的に保健管理センターなどと呼びますが、そのセンターで常勤する医師の事を学校医という事ができます。主な仕事内容には、学生の健康維持・健康改善に向けた取り組みがなされ、学校内の衛生環境や安全管理に対するアドバイスも行います。要するに、学校内の健康すべてに関するヘルスケアを担当するのが大学の学校医の役目だと言えるでしょう。また大学には日本のあちこちから学生が集まってくる事もあって悩みやコンプレックスのストレスで体調を崩す事もよくあります。そこで学校医は健康相談・アドバイスだけではなく、思春期の学生の精神的な悩みや体調の不良なども診療したりカウンセリングしたりして対応する必要もあるのです。

その様なニーズから、大学には医師・看護師が常駐しているケースが多く、病院レベルの診察を行っているところもあります。また大学の医務室は学部ごとに置かれている事が多く、その為に常駐する医師が複数名になる事もよくあるのです。つまり、常勤で学校医にとして働きたい方は大学の職場を狙うと良いかもしれません。対象とする生徒や教師の全体数は多いのですが、基本的にケアをすべき生徒数は限定的になるでしょう。

また医師の診察やアドバイスの内容も限定的で、ある一定の学生たちが診察してもらいに訪れる様なケースもありえます。それで仕事内容としては難易度が低いと言えるかもしれません。一般の病院勤務の医師は、次々と違う患者さんを治療しなければなりません。ですが大学では、ある程度範囲が決まってくるものです。具体的には日々の学生の診療や、健康診断の際の問診・内診の仕事があります。また理工学系の大学ならば、放射線や有機溶剤、研究機械のオペレートやPC作業による電磁波等の影響を管理することもあるでしょう。そういった意味で、実際に学業の現場をチェックして、環境に対処するアドバイス等を行う事も役割となります。

大学の医務室で学校医として働く場合は、公立の大学であれば公務員待遇になりますし、私立でも勤務医として病院の医師レベルの待遇が約束されます。つまり高収入になる可能性が高いという事です。そこで公に出される求人数は私立大学の方が圧倒的に多いでしょう。ですが広範囲な募集を掛けませんし、コネや紹介による推薦採用も多いためにチャンスは小さくなりがちです。ですからしっかりとアンテナを張っておくのはポイントでしょう。また国公立大学の場合は広く一般公募されますが、絶対数が少な目ですので競争率の高い応募である事も覚えておいてください。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.