小学校の学校医求人

学校医求人TOP >> 条件別の学校医求人 >> 小学校

小学校の学校医求人

2016年度のデータでは、日本国内で開かれている小学校の校数は20,313校です。その内訳は国立の小学校が72校で公立が20,011校、そして私立の小学校が230校あります。このすべての小学校に学校医が配属されていますから、20,313人以上の学校医が活動しているのです。もちろん一つの学校には内科・眼科・耳鼻科など別途で学校医が置かれますから、実際はこの3倍ぐらいにはなります。また、この内で数百名の常勤学校医がいると思われます。つまり、小学校では大方非常勤の形で嘱託されるのが一般的という事です。ですから、常勤の求人を探している方は丁寧な就職活動を行う様におすすめします。また、常勤の求人は主に有名私立学校から出される事も知っておくと良いでしょう。そういったところからの求人であれば、給与面でも納得できるレベルになっていますし、福利厚生面も充実していると言えます。その反面、求人倍率は相当高くなる事を覚悟しなければなりません。

小学校では6歳児から12歳児と成長期のお子さんを対象とした健康ケアを必要とするために、学校医の方々にはその成長段階を見守って、サポートすべき部分があれば即座に対応するという役目があります。また小学校は他の学校に比べると一校に在籍している生徒数が多いので、健康診断など学校全体を対象とした健診には時間も労力もかなり掛かるのが一般的です。この部分では簡素化した健診になる反面、学校医のチェック力が問われる事となります。そのために推薦を任されている地元の医師会も、キャリアやスキルが適切な地元医師を選抜する傾向があるのです。求人に申し込む方は、この点をしっかりと把握しておくと良いでしょう。つまり、地元の医師会に参加して自己アピールをする必要があるという事です。

では小学校での医療活動にはどの様なモノがあるでしょう。具体的な内容としては、学校職員の一員として学校内の健康ケアに貢献する手段として定期的な健康診断を行います。ここには入学時の健康診断も含まれます。短時間で全校生徒の健診をしますから、熟練の医師が求められると言えるでしょう。また臨海学校や運動会・マラソン大会などの学校行事を対象とした健康チェックや健康相談もあります。他にも予防接種や感染症の流行を阻止するためのアドバイスやサポートも必要です。そしてストレスの多い社会ですから、心の悩みにも積極的に対処していかなければならず、その点でも学校医の必要性は高いのです。こういったニーズを理解した上で求人に申し込みましょう。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.