非常勤の学校医求人

学校医求人TOP >> 条件別の学校医求人 >> 非常勤

非常勤の学校医求人

現在日本で活動をしている学校数は、幼稚園から大学までを合わせると約58000校あると言います。そして学校の営業許可を得る際に、必ず学校医を配属する事が義務付けられています。つまり学校の数以上の学校医が必要という事なのです。しかし常勤で雇用される学校医の数はこの中でもかなり少数で、大半が非常勤の形で依頼を受けます。この依頼は非常勤の形で嘱託医として活動するのがメインになります。ですから、多くの学校医は本業の治療医院の傍らで副業的に行うのが一般的でしょう。このシステムは間に地元の医師会の仲介が入り、この医師会の紹介を経て配属される形を採ります。ですから医師会に参加している事が条件とも言えるかもしれません。

では地元の医師会に参加するにはどうすれば良いでしょうか?はっきりと言えば地元の病院で働くか、開業医として活動するという事になります。ですから、他の地域へ求人を出すケースは地域の医師で候補者がいないという事であり、場合によっては仕事の内容がきついとか、収入面で不満が出る可能性も考えておかなければならないかも知れません。要するに、非常勤の勤務日数は時期限定でわずかなモノですから、わざわざ出張して依頼を受けるだけの報酬が得られるかどうかが問題になってくるのです。

また、学校の医務室に専任医師が常駐するケースもあります。この場合は資金的にも余裕がある大手の私立学校や規模の大きな専門学校、あるいは大手の大学の話で、学校の安全面をアピールする事で学校の価値を高めようと考えるところに限られます。一般の学校では、年収1000万円以上を掛けて常勤医師を雇う事はなかなかできません。特に財政の苦しい地方自治体では、非常勤で嘱託するしかできないケースが殆どでしょう。ただし、委託される業務内容は定期健康診断や予防接種の実施、それに学校内での健康衛生管理に対する会議への出席程度です。ですから日数的にはかなり少ない依頼になるのです。

もちろん学校医になりたいという医師が少ないために、いっぺんに3つも4つも学校医の依頼を担う事も珍しくはありません。ですが、あまり多くを受けてしまえば、一時期に重なる春の健康診断時期は猛烈に忙しくなって、回しきれない可能性も出てくるかもしれません。この様に特別なシフトで働く学校医の非常勤ですので、求人を探す時にはその点をよくチェックしておく様におすすめします。まとめますと、非常勤の学校医の仕事はなるべく地元で副業として依頼を受けると良いでしょう。求人は特に外に出ないケースが多いので、各地域の医師会に問い合わせをするのが効率的でしょう。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.