保育所の学校医求人

学校医求人TOP >> 条件別の学校医求人 >> 保育所

保育所の学校医求人

現在行政の推進する保育所の増設の甲斐あって、ここ数年間は保育所の数が増加傾向にあります。具体的なデータで説明しますと、平成25年度には24,038か所の保育所がありましたが、翌年の平成26年度には400か所も増えて、24,425か所が活動しています。この数十年間、ママさんパートなどの不利な労働環境を解消しようと待機児童の問題に取り組んできた成果だと言えるでしょう。

その為に保育所の嘱託医のニーズも高まっています。特に夜間営業の保育所をサポートする医師の必要性が高いのが現状です。そこで保育所の嘱託医を行いたいと考えている方は、地元にある夜間保育所などを当たってみると良いかもしれません。特に小児科を専任している医師の方であれば、逆に勧誘を受ける可能性があるでしょう。もちろん地域の医師会を通した委託となりますので、その際は医師会に相談する事を忘れない様にしましょう。

保育所に預けられるお子さんは、基本的に3歳児ぐらいまでの小さな赤ちゃんですので、学校医の役割にも大きな責任が掛かってきます。ちょっとした環境の変化や体調の悪化で大きな病気になる可能性のある年齢ですので、健診等を通してキメの細かなチェックをして行かなければなりません。また保育所では医務室に関してもはっきりとした規制があって、静養できる機能をもったベビーベッド等の設置と医薬品の常備が義務付けられています。また医務室はカーテン等で他のスペースと区画する事も求められています。そして、必ず嘱託医と契約を結ぶ様に定められているのです。この様に利用する幼児の健康と安全には細心の注意を払いますから、嘱託医としても医師の立場から保育所の衛生環境等をアドバイスする事がポイントとなるのです。また開所時間・保育時間が1日11時間を上限としていて、長時間営業になりやすいという問題もあります。預かったお子さんの健康ケアばかりでなく、保育士の健康状態にも十分な配慮が必要になるでしょう。

この様に保育所での学校医(嘱託医)は基本が非常勤となります。残念ながら常勤を置いている所はほぼないと言って良いでしょう。また地元の医師会を通して推薦されるので、希望する保育園がある方はその地域で開業するか医師活動を行う必要があります。もちろん医師会に登録される事も必要です。この様に地域貢献の意志をはっきりとさせてから、求人に応募する事ができる点を知っておいてください。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.