中学校の学校医求人

学校医求人TOP >> 条件別の学校医求人 >> 中学校

中学校の学校医求人

中学校の学校医では、年々進行する少子化の影響が出ているために学校の統合などが進み、職場自体の数は減少傾向にあります。これは小学校や高校でも同様の状況で、これから学校医になりたいと望んでいる方々にとってはマイナス傾向と言えるでしょう。一般的に中学校で採用される学校医には、内科・小児科や眼科医に耳鼻科医、精神科医を所属させている学校もあります。基本的には診療医の職場ですので、その辺もきちんと理解しておくと良いでしょう。また学校医の役割としては、生徒の健康管理と学校保健に関するアドバイスがメインとなり、常勤の学校医の場合は学校運営側の意向に沿って、細かなところまで健康的な環境造りのサポートをする形になるでしょう。もちろん、年に1〜2回行われる健康診断や予防接種にも責任を持って当たります。ただし、一般的には嘱託の形で依頼される事が多く、中学校では常勤の学校医自体が少ないという事を知っておきましょう。

中学校での学校医の具体的な仕事に関して紹介しますと、まず新入学健診と定期の健康診断や予防接種があります。家庭からの調査票や担任教諭からの情報を見ながら健診を行います。そして特にケアの必要な生徒には随時の検診も行っていきます。またマラソン大会などのイベントでも限定的な健診を行う事もあるでしょう。健診には内科健診と眼科校医・耳鼻科校医もよく行われています。近年では新たに整形外科的な病気(骨格の変形や不整合)の健診も定期健診に付けくわえられています。それから学校保健委員会などの勉強会にも出席します。そして1年生には学校心電図検査が行われるところもありますし、タバコや違法ドラッグや飲酒など、健康に害を及ぼす行為に対する認識・理解を深める説明会を中学校で行う事もあります。他にも、発達障害の問題や様々な障害に対する対処の仕方などを教師などにアドバイスする仕事もあるでしょう。

この様にいろいろな場面で活動しますから、学校医としての求人を探す場合には自分の専門とスキルに見合った職場を選ぶ事がポイントとなるでしょう。また中学校の場合は殆どが非常勤の形での依頼となるために、その地元で本業をする必要もあります。ですから既に医業を行っている場所で探すか、あるいは転勤先を決めてからその地域の医師会に参加して中学校を紹介するパターンになります。ただし、この少子化の時代では学校医への期待が高まっています。社会の将来を担う若者たちですから、その健康管理には地域社会も大いに気を配っています。その一端を担う存在として学校医には責任があるのです。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.