50代okの学校医求人

学校医求人TOP >> 条件別の学校医求人 >> 50代ok

50代okの学校医求人

50代を過ぎてから学校医を始める方もたくさんいます。それは地元の学校医の方を見れば良く分かるでしょう。また自分の子供のころに、年配の医師が学校医として健康診断を行っていたという経験をした方もいるはずです。では、どうして50代の医師が学校医の仕事をしているかと言いますと、それは地元の開業医が、非常勤の形で学校医の依頼を受けている場合が多いからです。つまり近所のクリニックや治療医院の医院長先生は基本的に年配者だからなのです。これは医学の様に特殊な技術を必要とする業種に見られる傾向で、技術がある方は年齢を問わずに用いられるという良い例です。ですから、50代で学校医の職に就きたい方は、まず地元の医師会に問い合わせてみると良いでしょう。基本的に日本国内の学校は、地域の医師会を通して学校医を依頼しています。地元で十分な実績があり、専門分野にも適性が認められれば採用はそれ程難しいことはありません。

ただし、春の健康診断の時期に集中する勤務がややキツイという事は理解しておくと良いでしょう。もちろん学校の規模にもよりますが、200人も300人も在校生がいる学校を一人で診察するのはとても大変で体力の要る事です。もちろんこれまで培ったノウハウと技術で、他の医師よりも的確に手際よく診察を進められる事もあります。この点は前任者などにアドバイスを頂いて、自分の体力とすり合わせてみると良いかもしれません。また忙しい時期に、本業の仕事を休まなければならないという必要も生じます。その場合は本業で得られる収入と学校医の報酬とのバランスを考えるのも大事でしょう。できればプラスαが出る雇用条件の求人を探すと納得して働けるかもしれません。非常勤の求人を出す学校はかなり多いので、丁寧に探す事で良い条件の職場を捉える事ができるでしょう。

学校医は治療の現場で活動をする医師よりも平時穏やかな働き方が可能です。そこで50代60代となって、自分のクリニックの担い手がある程度育ったころに、地域貢献として学校医を行う方も少なくありません。確かに地方の学校では、望むほど多くの報酬を得られないかもしれません。ですが、それまでに修得したノウハウや技術・理論を使って、子供たちの健康生活をサポートすることにヤリガイを感じる方も少なくないと言います。現在は学校医を引き受ける方が減っているので、そういった地域で積極的に尽力したい方は、学校からも喜んで招かれる事でしょう。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.