30代okの学校医求人

学校医求人TOP >> 条件別の学校医求人 >> 30代ok

30代okの学校医求人

医師の方がインターンを経て、専門の医療行為を始めるのは30代前後になるのが一般的です。つまり現役で医学大学に入学して、6年間の就業を経て数年間のインターンを経験しますから、早くても20代後半になってしまうのです。という訳で、学校医の職場を捉える方の多くが30代やそれ以上の方という事になります。またもう一つ30代の医師の方が学校医の求人を捉えやすい理由があります。実は学校医には2種類の働き方があり、一つは常勤による保健室勤務です。こちらは比較的に若い医師の方が採用される傾向にあります。その理由は、熟練のベテラン医師ともなると給与面でコスト高になり、むしろ若い医師が好まれる傾向があるからなのです。30代であれば若い部類になりますので、常勤の求人に申し込むと採用される確率は高いでしょう。

また、もう一つの働き方に非常勤の嘱託医があります。実際に学校医のほとんどがこの非常勤で働いています。そこで非常勤の学校医になる方法ですが、こちらは地元の開業医や病院医師が医師会からの推薦を受けて配属されるケースが基本的です。つまり、地元である程度の実績を示した後に医師会に立候補する事ができるのです。こちらのケースでは20代の若い医師よりも30代40代の実績のある医師が選ばれますし、開業医の方の場合は50代でも60代でも医師会からの推薦が入ってきます。つまり、30代以上の方が採用される確率が高いという事になります。

ただし、非常勤の学校医の仕事はボリュウム的にも報酬的にも決して良いとは言えません。例えば春の健康診断を依頼された場合、200人ぐらいの規模の学校でも数日間で健診を済ませなければならず、実に多忙でありながら、その報酬は本業の収入レベルに達しないケースもあるのです。また非常勤の学校医になりたがる医師は、実際のところそれ程多くはありません。むしろ成り手がいなくて困っている地域もあるくらいです。ですから、意欲を持って立候補するならば採用されやすいでしょう。また、進んで学校医になる意志をもっている方々は、地域の子供たちを育てるという部分で積極的に関わっていると言えます。そういった思から満足感や達成感を感じるとも言います。それに、学校医の活動が間接的に自分のキャリアやネイムバリューを高めてくれるという効果もあるでしょう。要するに金銭面だけではこの仕事の価値が図れないという訳です。確かに少子化によって学校の数は減ってきていますが、それでも学校医を求めるニーズは小さくなってはいないのです。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.