学校医の福利厚生

学校医求人TOP >> 学校医の転職の基礎 >> 学校医の福利厚生

学校医の福利厚生

学校医は多くの場合に非常勤として雇用・依頼されるケースになります。常勤で働く事の出来る職場は、有名な私立学校レベルに限られる事でしょう。それ以外は、通常的に地元の開業医などが地元の医師会の推薦を受けて学校医を務めています。具体的な職務内容としては、その学校に所属している生徒や教師たちの健康診断や予防注射、同時に感染症を防ぐための指導・アドバイスに学校行事に合わせた健康チェックなどを担当します。また学校単位で開かれる保健委員会にも参加し、生徒や教員たちの心身の健康についてケアする事も重要な役目となっています。

この様な活動を担う学校医ですが、待遇に関しては学校保健法第16条に基づいて、例えば公立学校における学校医のポジションは地方公務員法上から非常勤の嘱託員に見なされます。そこで1日当たりの報酬・賃金額は、月額の給与をベースに計算がなされます。その他福利厚生に関しても、健康保険法・生年金保険法に定める内容が得られます。詳細は地方公務員法によって福利厚生・労働条件が決まっているのでそちらをチェックする様におすすめします。また国立学校の場合は、例え非常勤雇用だとしても公務員法上では一般職に属しています。ですから福利厚生に関しても一般職の条件が適用されるのです。ただし、これらは一般的な解釈ですので、現場での詳細をチェックするのが肝心です。健康診断の報酬を始め、福利厚生全般については各都道府県にある医師会に問い合わせて、具体的な話を聞くのが一番確かでしょう。

もう一つ学校医の現状として、地方の学校では非常勤の学校医のなり手が見つかり難くなっています。もちろん法律上では必ず専任を置かなければならず、地元の医師会では強制的に任命するケースもある程です。ではどうして学校医を敬遠する傾向になるのでしょうか?それは報酬を始めとする福利厚生の条件が悪い事があります。つまり本業を休んでまで健康診断や予防接種に廻る事がデメリットになってしまう医師が多いのです。とは言っても地域貢献をモットーする医師会は、ボランティアの精神をもって学校の健康管理に積極的に貢献しています。つまりそういった人材であれば、進んで学校医として推薦される事でしょう。報酬や福利厚生の良さを狙って職場を選ぶならば、求人数の少ない私立の常勤の職場を探すべきでしょう。その様な学校の常勤であれば、一般の医師レベルの給与は保証されますし、福利厚生も教員以上に高いケースがあります。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.