学校医の求人倍率

学校医求人TOP >> 学校医の転職の基礎 >> 学校医の求人倍率

学校医の求人倍率

学校医の転職を考える場合、まず常勤か非常勤かを選ばなければなりません。一般的に公立の学校では非常勤を中心に学校医の手配をしています。特に地方の学校では常駐勤務の職場を見つける事ができないでしょう。その理由は、医師の給与が公務員と比べても非常に高額であるという点があります。つまり財政的に余裕のない地方自治体や町の財政では、負担が大き過ぎるのです。そこで地元の医師会を通して、近隣の開業医などを非常勤で雇う形が一般的です。ですから学校医としての職を得る場合は、まず医師会に参加する事が必要かもしれません。その上で自分から立候補をして、4月のメンバー替えなどで空きの出る学校を狙う事が望ましいでしょう。

では、求人倍率はどうなるでしょうか?先に述べた常勤の場合は、私立の求人を探さなければなりません。またその学校の場所や雇用条件によって求人倍率は大きく変わってくるのです。基本的には治療活動がなく、予防や未病への取り組みが主な仕事ですので、本来の医師の給与レベルに達していない職場が多く見られます。つまり、あまり人気のないところでは倍率がかなり低いと言えるのです。

ですが反対に都市部の有名私立学校になると待遇もネイムバリューも付きますので、応募者も多くなるために5倍や10倍にはなってしまうかもしれません。また非常勤のケースですが、現在の医師の多くは学校医になる事に抵抗感があると言われています。それは1時期に集中する学校の健康診断や予防接種の仕事が、本来の仕事にマイナスの影響が出るからです。ですからボランティア精神を発揮して、地域の子どもたちの健全な生活を守ると考えられる方でないとなかなか勤まらないでしょう。実際にニーズをカバーする人数が出てこない事も多く、一人で地域の学校を4つも5つも兼任するケースは珍しくありません。一方、非常勤であれば倍率の事はあまり考える必要がないと言えます。地元の医師会に所属して、推薦を受ければほぼ採用されるという事です。

この様に学校医への転職を考える場合、学校医だけで生活をしていくつもりであれば有名な私立の学校の求人を探さなければなりません。情報収集のネットワークをかなり広く張らなければなりませんし、その倍率も相当高いものと覚悟するべきでしょう。また公立学校の様な非常勤の勤務先であれば、やる気と実績があれば、採用の確率は高いと言えます。ですが、いわゆる副業の形で依頼を受ける為に、転職という形にはなりませんし、地元での医療活動をする事がまず先決問題として生じるでしょう。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.