沖縄県の学校医求人

学校医求人TOP >> 地域別の学校医求人 >> 沖縄県

沖縄県の学校医求人

沖縄県の医師数は、ほぼ全国平均レベルの23位になっていて、けっして人口あたりの医師数が少ない県ではありません。ただし沖縄本島なら十分な医療が受けられますが、沖縄は離島が多い県ですので、島によっては十分な医療が受けられない、学校医が不足しているところもあります。そのため、学校医になるチャンスはあります。学校医の募集があれば即行動してください。子供が多い県ですので学校医募集は一定の募集があります。ただしポストに空きがでたら募集という形になっているので募集をしても若干名です。

沖縄では出生数が多いので、その分小学校の需要が高いのか、小学校の数としては全国33位になっています。高等学校の数としても32位で横ばいです。沖縄は子供人口が多いけれど、特筆すべきはその教員数で、やはり沖縄では公立学校の公務員が多いです。同じくらいの学校数の他の県と比べても教員数が1000人以上多くなっていますので、公務員になりたい県民が多いのでしょう。高い失業率の沖縄県では、こうした仕事に人気が集まりがちなのが伺えます。離島が多いために、各島に学校を設置する必要があり、その点も沖縄地域の特徴といえるでしょう。

沖縄で学校医の求人を見つけるのは、タイミングが合えばそんなに難しいことではありません。学校自体は数多くありますし、その上その学校と健診などで業務委託契約や顧問医として働いている医師がほとんどであり、新規で学校医になるには、自治体の募集や、その医療法人の募集などに応募することが必要です。属している医療法人の仕事で、たまたま学校医になってしまう人もいます。

また沖縄県は高齢者が多く、しかも医療機関に通えない人もいるために、在宅医療の訪問診療や往診などをしている医師もいます。それぞれの地域で必要とされている医療に、医師数が追いつかないこともあります。

学校医も、いくつもの学校を兼業したり、顧問契約をしていたりと健診の時期にはかなり忙しくなる医師もいます。沖縄県では決して雇用状況が安定しているわけではないですが、常に医師は必要とされていますので、入職すること自体は難しくはありません。公務員医師などの需要も高いです。また開業医などで学校医を勤めることもあります。まずは学校医の求人案件をよく見ておいて、応募することが大事です。数人の応募のなかでタイミングがあえば学校医になる夢を叶えることができます。ただし正職員というのはあまりないケースです。非常勤や業務委託で学校医師にはなることはできるでしょう。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.