兵庫県の学校医求人

学校医求人TOP >> 地域別の学校医求人 >> 兵庫県

兵庫県の学校医求人

兵庫県は、小学校数では全国8位、高等学校数では全国6位となっています。そのため、学校数、生徒数も多いですし、全国でも学力が高い地域として知られているので、よい環境づくり、そして生徒の健康を管理していく保健師、養護教諭、学校医の責任は大きいものといえるでしょう。また医療の西高東低傾向がよく言われていますが、基本的に学力の面では、東大、京大合格率をみると西高東低傾向があるのは否めません。兵庫県は全国3位になっています。奈良県、京都府が1位、2位です。偏差値の高い生徒がいる地域は、医師数、医療施設が多いのもうなずける結果となっています。

兵庫県も業務委託という契約で学校医の仕事を請け負っている医療法人や個人開業医などもいます。そしてその契約が切れたり、また新しい学校ができたりすればそれだけ学校医が新たに必要となります。公立学校などでは非常勤勤務やアルバイトとして学校に健診に来てくれる医師を募集していることもあります。

常勤の学校医になることは難しいので、もし時間がきちんと決まっている医師、病院以外の場所で医師として働きたいというのであれば、企業の産業医という方法もあります。最近は社内で産業医を置くことで、様々な医療相談や病気のリスク低減、近年多くなっているメンタル面のサポートを積極的に行っている企業が増えています。医務室を設けて、社員が気軽に相談できるようにしています。ただし会社が設けている施設ですので、その企業自体に雇われている医師となり、待遇や福利厚生などはすべてその企業の就業規則に准ずることになります。

実際には業務委託で働くことが多い学校医では、やはり医療法人などに所属して、その紹介で学校に往診や健診に行くという形がもっとも多い仕事となっています。学校医の規定は、それぞれの市区町村によって定められているので、これから学校医として働こうという人は、それを熟読してどんな規約になっているのかをしっかり確認していきましょう。

公立高校では、ほぼ非常勤扱いです。そして私立では、その私立学校の方針によって、またつねに医療のサポートが必要な子供が通っているような学校では、学校内に診療室を設けている場合もあります。そうした学校では非常勤ではなく常勤、正社員として学校法人に雇われることになります。正職員の仕事を求めているのなら、特別支援学校やその他障害や病気の子供のため病院併設の私学を探してみると求人があるかもしれません。もちろん数は多くないですが、長く働きたい場合は正職員医師のほうがじっくりと腰をすえて働くことができます。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 学校医求人ランキング All Rights Reserved.