学校医求人ランキング

学校医の医師の転職事情

病院などの医療機関だけでなく学校などの教育機関にも医師は必要とされています。学校医としての職務は病院とは違って基本的に夜勤がなく、規則正しく働けるのもメリットの一つです。

学校医の医師求人を効率的に見つけるにはリクルートドクターズキャリアなどの医師専門転職エージェントが便利です。全国から条件に合った求人情報を検索できますので、他ではうまくいかなかったという方にもきっと役に立ってくれるでしょう。

学校医求人ランキングの転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
求人数、情報量が業界最大級のリクルートドクターズキャリア。常勤医師だけではなく非常勤アルバイトなどの求人数も充実していますので、非常勤勤務が多い学校医の案件も多いです。医師の転職をサポートして37年。歴史と経験値が違うリクルートドクターズキャリアであなたにぴったりの仕事がみつかります。今の医師の転職ツールとして使いこなしましょう。医師の支持率が83パーセントと、辛口医師でも満足度の高いサイトです。

医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医師転職ドットコムは、とくに高待遇、好条件が多い非公開案件を多く扱っている転職サイトです。医師の転職総合サイトとして、多くの医師の情報ツールとして活用されています。業界のなかでもプレミアム案件、高待遇、年収アップを目指す医師にとっては一番使えるサイトです。医師転職の転職成功事例なども豊富にあるので、これからの転職、入職する際には一度は訪問、そして登録してみてはいかがでしょうか。学校医案件も探せます。一人一人の医師の満足度を大切にしています。

エムスリーキャリアエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医師求人、転職支援ならエムスリーキャリアエージェントです。常勤、非常勤や地域、路線、駅、診療科目や施設区分によって自由に医師の仕事案件を検索できるようになっていて、便利に使いこなせるサイトです。またオススメ案件なども充実していて、説明文も読みやすくなっています。条件を絞り込んで、自分に合った仕事を見つけてください。学校医の募集は数が多くないので、フリーワード検索などをして、ヒットする案件があったら通勤できる場所を探してみましょう。

マイナビDOCTOR 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビDOCTORでは、ベストな転職を実現させるために、キャリアエージェントなどパートナーがいます。サポート体制が充実しているので、転職先に悩んでいる場合、そして学校医など案件自体が少ない場合でも相談してみてください。求人検索なども簡単ですし、なによりも医療ニュースやトピックなども充実しています。1分で簡単登録ができますし、最新の医療求人情報を常にアップデートしていますので情報の速さも魅力となっている医師の求人サイトです。

JMC 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
JMCは医師転職支援サービスを提供しています。とくに好条件、そして高額の医師の仕事案件を中心に扱っています。仕事を通してステップアップしたい、また私生活と仕事を両立したいなどの条件にあった仕事を紹介してくれます。医療業界に精通したエージェントがいるのが特徴で、転職が完了するまでしっかりバックアップしてくれます。学校医など数が少ない案件も、こちらに登録しておけば案件が出たときにすぐに連絡をしてくれるので登録しておいて損はないでしょう。

学校医の求人は多いのか?

学校医とは文字通り、学校で診察・治療を行う医療スタッフのことで生徒や教員、学校職員の健康管理を行います。学校医の求人動向ですが、正直言ってそれほどたくさん募集が出ているわけではないです。学校医の場合、大体のところが1人だけの在籍だからです。求人が出ても、病院のように大量採用することはないです。1人だけの採用の案件が多いです。

また新規で定期的に採用されることも少ないです。先ほども紹介したように1人いれば大丈夫というところが多いので、今仕事をしている医者が何らかの事情で離職しない限り、新規募集をする必要がないためです。逆に言うと、医者の欠員が生じたときに募集が出ますので、不定期にいきなりポンと求人情報の出ることが多いです。ですからこまめに最新の求人情報をチェックして、募集が出ていれば、積極的に応募するといいでしょう。

学校は日本全国にあるので、どの地方でも募集の出る可能性はあります。しかし募集の出る頻度で比較してみると、やはり首都圏などの大都市圏に集中する傾向が見られます。専門学校や大学は、大都市に集中する傾向があるので、その分学校医の募集の出る確率も高くなります。ただし大都市であっても、学校医になるのは決して簡単なことではないです。採用人数が少ない、一方で応募者も多いので高倍率になってしまうからです。

学校医のいいところは、学校のスケジュールに合わせて仕事のできる点です。たいていのところが朝始業・夕方就業というスタイルを取っているので、夜遅くに勤務する必要はありません。また多くの学校が土日祝日休みになっているので、学校医も同じペースで休日が取れます。カレンダー通りの休みが取れるので、家族や友人と一緒にどこかに行くという場合でも都合がつきやすいです。また夏休みや春休み、冬休みもありますので病院勤務しているときと比較すると、年間休日の日数が多くなる可能性が高いです。病院勤務していると当直やオンコールなどもあるかもしれません。しかし学校医になれば当然のことながら、当直もオンコールもないですから安定した生活サイクルになります。このように学校医になるといろいろなメリットがあるので、転職を希望する人が多くなるのです。

学校医になると、病院とは異なる症状を取り扱うこともあるでしょう。中でもメンタルヘルスを重視しているところが多いです。思春期で多感な世代、いじめの問題などがあって、心のケアをすることが求められます。学校医を目指すのであれば、メンタルヘルスについて勉強していくといいです。


Copyright (C) 2017 学校医求人ランキング All Rights Reserved.